会話術の基本!聞き上手になれる3つのコツ

会話術の基本!聞き上手になれる3つのコツ

会話が苦手、苦痛と感じるひと、何も自分から話題を作る必要はありません。
むしろ聞き上手は好かれます。
そして、聞き上手になるには3つのコツがあります。

カウンセラーもキャバ嬢も使ってる(たぶんね)、会話の基本です。

「肯定」「繰り返し」「要約」です。

それぞれについて細かく見ていきましょう。

会話術のコツ1「肯定」

まずは相手の会話を否定しない、水を差さないこと、
円滑で無難なコミュニケーションの基本です。

とりあえず
「そうなんですね」「大変でしたね」
と言っておきましょう。

会話術のコツ2「繰り返し」

相手の言ったことを繰り返します。
極端な例ですが

「昨日、友達と買い物に行ったんだ」
「そうなんだ、買い物!」

合図地だけよりもより、聞いている感、興味がある感が増します。

会話術のコツ3「要約」

相手の言ったことを要約します。
要約、つまり相手の発した言葉からここ大事!と思うところを抜き出し、
まとめて返します。

教科書にマーカーを引くようにやってみましょう。

「昨日友達とわざわざ早起きして、限定のスイーツを買いに行ったんだけど
開店前についたのにすでにめちゃくちゃ並んでて、とりあえず並んだけど結局買えなくて最悪だったよ」

「せっかく早起きしたのに、それは最悪だね・・・」

どうでしょう。ほぼ相手の言った言葉を使用し、文章で応答することができました!
自分で会話の内容を考えなくてもいいので楽ちんです。
しかも完全に、あなたの会話を聞いています、理解しています感が出ています。

会話術のコツ まとめ

この3つの会話術、
・自分で会話の内容を考えなくていい
・聞いてる感が出る
これが第一のメリットですが、

さらにこの会話でつなぐことで、
次に会話をつなげるために何を話せばいいか
考える時間稼ぎにもなります。

「聞き上手」と言われる人たちは、ただ聞いているだけではありません。
相手から会話を引き出すのがうまいのです。

こちらから質問をすることで

本当は話したい事があるけど、自分ばっかり話してるのも悪いかなぁ

という相手の罪悪感を打ち消します。

基本の会話術で時間をかせぎつつ、
さらに相手に何か質問をする。

聞き上手さんへの第一歩です。

[alert title="注意"]どんな会話術にもいえることですが、多用はには注意しましょう。自分の言葉や気持ちを交えて使うことができたらベスト[/alert]

会話術の関連記事
  • 会話力がない人の鍛え方
  • 聞き返されることが多い人におすすめ「喋り方改善」
  • 【コミュ障克服】沈黙を味方につけろ!
  • 話の話題に困ったら、このネタで切りぬけろ!
  • 会話術の基本!聞き上手になれる3つのコツ
  • 褒める言葉「さしすせそ」
おすすめの記事
恋愛・同性・結婚
恋人のご両親に同棲の挨拶に行く事になったら、少しでも好感を持ってもらいたいですよね。特に挨拶がご両親との初対面となる場合は、最初の印象が大切...
【簡単レシピ】野菜のおかずをお弁当に♪
恋愛・同性・結婚
同棲している彼にお弁当♪どうせ作るなら、健康にも気を使ったお弁当にしたいですよね! 冷凍食品を使わずに、自分で心をこめて作った「野菜のおかず...
【簡単レシピ】炊飯器で簡単パン作り♪
ライフハック
焼きたての手作りパン、美味しいですよね。 家で作ろうとすると、長時間こねる必要があり力も時間もかかって大変。ホームベーカリーなら簡単にパンが...
簡単!電気代節約術
ライフハック
今年の4月から電力自由化ですね。我が家は電気代は自動引き落としなので、あまり毎月金額をチェックしていなかったのですが、電力自由化もあるし、ど...